ケールの成分を確認【ミネラルが多く含まれているので安心】

健康食品で改善

婦人

1杯あたり50円から100円ほどです

健康食品による健康維持がブームとなっている昨今では、青汁を飲む人が非常に増えてきています。その需要に合わせて、多くの食品メーカーが様々なタイプの青汁を販売するようになりました。たとえば、苦味の少ない大麦若葉で作った青汁や、野菜嫌いの人でもおいしさを味わいながら飲めるように、抹茶やフルーツの風味を加えた青汁などです。 いずれも低カロリーで、ミネラルやビタミンを多く摂取できるという特徴があります。そのため健康維持にも役立ちますし、ダイエットや美肌作りにも役立ちます。 これほど便利な青汁ですが、価格は安いものだと1杯あたり50円ほどとなっています。原材料や風味にこだわって作られたものでも、1杯あたり100円前後です。同量の栄養分を野菜で摂取するよりも安く済むので、その点も高く評価されています。

兵士の栄養失調を防ぐために作られました

青汁はもともとは、戦時中の食糧不足による兵士の栄養失調を懸念して作られた健康食品です。食糧不足で野菜を手に入れることが困難だったため、かわりに大根や芋の葉や茎が原材料として使われました。これらは、あまり食用とされることがないため、比較的手に入れやすかったのです。また、葉や茎には実の部分に勝るとも劣らないほど多くの栄養分が含まれているので、栄養補給には非常に適していました。そのため青汁は、兵士にはもちろん国民からも注目されました。 戦後になると、食糧不足が解消されてきて、より多くの原材料を使った青汁を作ることが可能になりました。特にケールというアブラナ科の葉野菜は、栄養価が非常に高いことから、現在でも青汁の原材料として多く使われています。