ケールの成分を確認【ミネラルが多く含まれているので安心】

朝食にピッタリ

スムージー

飲み方の酔っては効果がない

グリーンスムージーはダイエットや健康、美容にとても効果的なドリンクです。誰でも簡単に作れて飲めるという手軽さと、意外においしく飲みやすさが人気です。ファスティングダイエットに使ったり、野菜嫌いな子供の栄養補給にも使用できます。自己流にアレンジするとバリエーションも増え、飽きがくることはありません。しかし、自己流アレンジや飲み方を間違えてしまうとただのジュースになってしまい、効果も感じられなくなってしまいます。一番間違えやすいのは牛乳やヨーグルトなどで割ってしまうことです。動物性タンパク質と一緒に取ると摂取しにくくなってしまいます。また、フルーツの量によっては果糖を過剰にとってしまい、かえって高カロリーになってしまうこともあります。

正しいグリーンスムージーの作り方

グリーンスムージーを正しく作るには3つの約束があります。1つはでんぷん質のものを使わないことです。その理由はフルーツとの相性が悪く、蝶の中にガスが溜まりやすかったり、腹持ちはいいが消化に時間がかかるからです。2つ目は同じ野菜を大量に使わないことです。同じ野菜を使いすぎると栄養が偏り場合があります。ホウレンソウ、小松菜、ケールなどをローテーションして使うようにしてください。また消化器系に負担がかかるので、いろんな野菜を使いすぎるよりシンプルなほうがよいです。3つ目はグリーンスムージーに使うフルーツで皮をむかなくても食べられるものは皮ごと入れることです。フルーツは皮と実の間が一番栄養が詰まっているからです。あとはよく混ぜて飲んでください。グリーンスムージーは空腹時に飲むとより効果的なので、食前に飲むようにしてください。